教育

トーマスとアンパンマンのお陰で、ひらがなが3歳で書けるようになった!

娘は3歳8か月で、自分の名前(フルネーム)をひらがなで書けるようになりました

公文式などの習い事には行っていません。

保育園に通っているので、親子で過ごす時間は限られていますが、その中で、家庭で教えて書けるようになりました。

ひらがなを書けるようになるまでの動機付けや方法など、我が家で取り組んだ内容をご紹介します。

ひらがなを書く動機付け

ひらがなの練習に限らず、何でもそうですが、無理強いされたことはなかなか身に付きません。

自分から進んで、やりたい!できるようになりたい!と思って取り組む方が、早く習得できますし、長続きします。

ひらがなは、あいうえおから順に書かせるのではなく、「自分の名前」から練習をさせるのをお勧めします。

なぜなら、自分の名前は披露する場面が多く、誉められる機会が増えるからです。

例えば、保育園や幼稚園でお絵描きや塗り絵をした時、作品の下に自分で名前が書けたら、先生が誉めてくれるでしょう。

このような「誉めてもらう」機会があることで、子供は自信をつけて、もっと書けるようになりたい!と思ってくれます。

そうすれば、親が言わなくても、子供から教えてと言ってきます。

事実、我が家では親から「ドリルをやろう」「お勉強しよう」と誘うことはありません。

子供が自ら「勉強やりたい」と言ってドリルを広げています。

ひらがなを書く練習①

先ほど「まずは自分の名前から練習させましょう」と述べましたが、名前の練習には、売られているドリルは使えません。

そこで私は、エクセルでオリジナル教材を作りました。

グレーで娘の名前を大きくプリントし、なぞって練習できるようにしました。

こんな感じです。

フォントは「UD デジタル 教科書体 NP-B」がオススメです。

このプリントを何度か繰り返すと、自分の名前が書けるようになります。

最初は下の名前から練習させ、次にフルネームで練習させると良いでしょう。

名前以外にも応用できるので、お子さまの書きたいひらがなで、オリジナルプリントを作ってあげてください。

ひらがなを書く練習②

名前が書けるようになり、「もっとひらがなを練習したい!」と思ってくれるようになったら、ドリルで仕上げていきます。

娘が気に入って取り組んでいたドリルはこちらです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンスター ちいくぬりえ ひらがな・すうじ ト−マス
価格:291円(税込、送料別) (2019/4/19時点)

 

 

オススメポイント①:ぬりえで息抜きができる

子供の集中力は長く続きませんが、塗り絵が息抜きになるのか、合間に塗り絵をして、気分を変えながらひらがなの練習をしています。

 

オススメポイント②:できたよシールで達成感を味わえる

1ページやる度にシールが貼れます。それが楽しみなようで、どんどんドリルを進めてくれます。

 

オススメポイント③:数字の練習もできる

各ページに日付を記入するところがあります。日付を書くことで、数字を書く練習もできます。

また、数字の練習には、こちらのドリルもオススメです。

ひらがなドリルのすうじ版です。

 

ABOUT ME
ゆうママ
3歳と0歳の女の子を育てているワーキングママです。(現在は育休中)
ー・-・-・-・-・-・-

☆楽天ROOM始めました☆

お気に入りの商品を載せています。良かったら覗いてみてください(^^)/

☆ポイントインカム☆

ネット通販を利用する際、こちらの『ポイントインカム』経由で注文すると、ポイントの二重取りが可能に。

是非こちらから会員登録してみてください。(登録はもちろん無料です!)

ポイントサイトのポイントインカム